フリーランスで生き残るための業務内容選び

フリーランスをする際に実際に行う業務内容は選ぶ職種によって大きく異なる。大別すれば商品などの販売を行う業務か、サービスを提供する業務となるのが一般的であり、特にサービスを提供するという場合には高い技術力が要求されることが多い。しかし、基本的なコンセプトとして共通するのは、対価となる料金や報酬を渡してくれる顧客獲得を行い、商品やサービスの提供を行うということである。

会社に勤めている際にはそういった作業が営業課、研究開発課などの部署に分かれていて、それぞれが個々に任されている仕事を特化して行っていくことにより、会社全体としてうまく事業を展開していけるように組み立てられている。しかし、フリーランスをする場合にはそういった部署ごとに分けて行われていた仕事の全てが自らの仕事になるという特徴があるのだ。そのため、職種に関わらず営業や宣伝の活動は必要になり、収支を担う経理の仕事も不可欠になるという大変さがある。

実際に個々のフリーランスで差異が生まれるのは事業計画に則した業務内容の部分である。それが成功するか否かを分ける大きなポイントは、会社が行える業務内容と一致しているか否かという点になる。会社が行える業務の場合にはその規模の差で勝ち目がないのは明らかであり、成功する可能性は極めて低い。しかし、差異を出してニッチを埋める業務を展開できれば会社との住み分けをして成功していくことができるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2019年7月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント